北海道地震による配送への影響について> 【FW新作アイテム続々入荷!】
全品送料無料キャンペーン実施中!! >
オリジナルシューズバッグ プレゼントキャンペーン > 会員特典1,000円ギフト券&後払い手数料無料 >

unknown waves

2016年2月18日

今日からオーストラリア入りしました。 自分で水温を調整し、水圧を感じるシャワーの気持ちが良いこと! 数日前までの島生活がすでに懐かしく感じます。 IMG_7382   名前が無いポイントを巡り、 人がいない場所で波乗りをするというのは、 初めての経験でした。 IMG_7436 2カ所だけ、皆が共通して呼んでいた場所は、 コンスタントにいつでも波がある、 「ビーチ」 もう一つは、 ここの島のメインポイント、 「ピーク」もしくは「Aフレーム」 IMG_7529 ↑ここの無名レフトは陸から見ると浅そうですが、 実際入ると完璧なレフトハンダーでした。 サイズが上がった時は、 テイクオフする隙が無く、四角いバレルが恐怖でした。 IMG_7860 IMG_7545   ↓河口近辺のポイントでは、いつも村の人達が洗濯や食器洗い、水浴びをしていました。 IMG_7996 IMG_8041   ↓ここも名無しのライトハンダー。 私が一番気に入った波。 HTに似た波で、満ちた時のみサーフィン可能でした。 IMG_8084 ↓ホームステイ先の前が、「Aフレーム」 沖までパドルで10分ほど。 とんでもなくきれいな珊瑚礁の上をパドルアウトしていきます。 ノースショアと同じウネリを拾い、パワフルで破壊的なライトとレフトの波。 IMG_8124 村にいた、約10人のサーファー達は、皆いいリズムの人達でした。 情報交換はしっかりしながらも 人が入っているポイントには、あえて入らず違うポイントで入ったり、 たとえ5人くらいが一緒のポイントに入った時も、 順番に波を回し合う。 IMG_8159 私は、ピークに自分の番が来ると巨大なセットが入ったらGOしなければいけないので、 あえてピークに行かないようにしているのに、 「カオリ、it`s your turn」といってピークの座を空けてくれる皆。 あ、あ、あ、あ、ありがとう。 to be continue...
Posted in All 世界旅